MENU

(途中)読書感想文/その問題、数理モデルが解決します

ここ1,2年、感染症に関する予測で名前を聞くようになった「数理モデル
結局、数理モデルとはなんなのか?ということを知りたく、
こちらの本を購入しました。

 

2人の登場人物の対話形式で書かれていて、非常にとっつきやすいです。

読者側のキャラとして登場する「青葉」は、
説明でちょっとわからないことがあると
「ちょっとなにいってるかわからない」と富澤さんのように(?)
突っ込んでくれて、とっても頼もしいです。

と、いいつつ、いくつかの証明に関する途中式が結構難しくて、
高校時代の数学の知識を呼び起こしながら読んでいます。
(積分、Σ記号、コンビネーション、、、まじで覚えてない)

高校生でこのあたりの数学知識を学んだばっかりの頃に読んだら、
「自分の学んでるわけわかんない数式がこうやって役に立つにのか!」
と感動できたかもしれない。

 

(役に立つとか役に立たないとかで線引きするのも学問の本質ではないと思いますが
勉強のモチベーションのあげかたのひとつ、としてなら、有用なのかと)

 

証明式でわからないところは、飛ばしながら読んでもいいと思います。
でも、ひとつひとつ、順を追って紙に書いて理解していこうって
花京院くん(本書に登場するキャラ。青葉に数理モデルを教える)
も言ってますし、ここはひとつじっくり勉強してやろう!

 

ということで頑張って読んでいます。

 

本筋からそれますが、本書でΣ記号のことを

「ただの足し算の略号だよ」
「繰り返しの足し算の式を全部書くと長くなっちゃうから、
省略するんだよ」

と紹介していて、高校生当時Σとかn→∞に苦労した身としては、
すとんと腑に落ちる感じがありました。
この説明を高校の時に聞いてたら、とっつきやすさが違ったかもしれない、、、!

ぐぬぬ

シン・エヴァンゲリオン劇場版:|| ライト層の感想

昨日、シンエヴァを観てまいりました。

 

観ようかどうか迷ってましたが、先日のNHKの「プロフェッショナル」を観て、
これは最後まで見届けねば、、、
と思い立ち、無理やり半休をとりましたw

 

前提として、自分はエヴァンゲリオンのコアなファンとかでは一切なく、

・序破Qはひととおり観た
・テレビ版も断片的に見た記憶はあるが、結末は忘れた
(おめでとうおめでとうのやつだっけ?)
・ガフの扉?黒い月?リリンなのリリスなのどっちなのなんなの?

くらいの緩い認識しかないので、その前提で感想を読んでいただけたら幸いです。

・ネタバレなしの感想(ページ下にネタバレアリの感想あります)

・序破Qまで何年もかけて追ってきたけど、Qはわけわからなかったし、
シンエヴァ見て大丈夫なのかな、、、と思っている方
→大丈夫です。ぜひ観に行ってください。
庵野監督のエヴァからの卒業を見届けてやってください。

 

・上映時間が長いので座りっぱなしでお尻が痛くなります。
周りの席でも、もぞもぞ動く人かげ。そうだよね。みんなお尻痛いよね。

 

・ATフィールドがまぶしい。というかチカチカする。
ポリゴンショックを思い出すレベルなので、心配な方は目をつぶるなど
注意しましょう。

 

・本当に、シンが完成してよかった。監督が死ななくてよかった。

 

・ネタバレありの感想

続きを読む

(読了)読書感想文/コンビニ人間

芥川賞受賞作、ということで気になっていた本書。
読みました。「普通の生き方」ってなんだろう。

 

「普通」とは何か?
現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作

36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。
日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、
「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる――。

「いらっしゃいませー!!」
お客様がたてる音に負けじと、今日も声を張り上げる。

ある日、婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は恥ずかしい、と突きつけられるが……。

累計92万部突破&20カ国語に翻訳決定。
世界各国でベストセラーの話題の書。

続きを読む

(読了)読書感想文/なるほどデザイン

Norotakeさんの、「なるほど!」な感じの表紙が印象的な本

別にデザインをする職業についているわけでもないのに、
こういう「デザインについてわかりやすく説明した本」って
つい買っちゃうのです。知識欲なのかな。

 

 

続きを読む

(読了)読書感想文/新訳 バブルの歴史

やっと読み終わった。大変だった。

 個人的なルールとして、
積読を全部消化して感想文を書き終えるまでは新しい本を買わない」
というルールを、課しているのですが、
欲しい本が買えないというのはなかなかつらいものです。
(しかしこのルールを守らないと、際限なく本やマンガを買ってしまう)

 

続きを読む

(雑記)google翻訳で言語は進化する?

これは以前読んだ本に登場する、google翻訳のエピソードについて
自分でも試してみた結果をまとめてみたものです。

 

「読んだ本」とはこちら

 将棋AI ponanza の生みの親でもある、山本一成氏による
初学者向けAI解説本です。
この本自体、めちゃおもしろいので、超オススメです。

(↓は私の読書感想文です)

 

wan3ko5tan.hatenablog.com

 

続きを読む

(途中3)読書感想文/新訳 バブルの歴史

やっと65%まで読み終えました。
(kindleなので、読んだ量が%で表示されます)

 

 

この本、専門用語の難解さもさることながら、
歴史上の様々な会社、投機家などの固有名詞がバンバンでてきます。
おかげでバブル当時の熱狂ぷりが臨場感たっぷりに伝わってくるけど、
その分読みづらい!!笑

 

さて、本書を読んでいくと、今の相場
(=2021年3月、コロナ以降続いてきた株高が
そろそろ頭打ちになりそうだが、全体的には投資ブーム継続中)
への警句ともとれる部分が随所に見られます。

 

自分への戒めもこめ、それらの警句を抜粋してみました。

 (1990年代)
「バイ・アンド・ホールド」が「アイ・ラブ・ユー」に代わって
最も人気の言葉になった

(1998年頃)
あるアナリストは、株式市場のことを「永久運動期間」と呼んだ。

 このころのアメリカでは株式市場の上昇で、一般家庭の財産はおよそ6兆ドル増え、支出は賃金を上回るスピードで増加し、キャピタルゲイン税からの税収の増加によって連邦政府は黒字に転じ、株価の上昇によって新たなビジネスもうまれ設備投資も増加しました。

 

1990年代のチャートを見ると、ダウが右肩上がりでぐんぐん上昇。

nikkeiyosoku.com

 

10年近くも株価が上がり続けたら、「もう大暴落はこないんだ!」
という気持ちになるのもわかるかも、、、
コロナ禍以降、10年以上株価が右肩上がりだったら、
自分も冷静でいられる自信はないですw

なお、2010年にリーマンショックで大暴落した際には、
ダウは1998年くらいの水準まで巻き戻ります。
おそろしや。


そして、本書によると過去にも「もう株価の大暴落はこない!」と
主張されていた時期があったようです。

 

(1929年秋 エール大経済学者 アーブング・フィッシャー)
株価は恒久的に高い高原のようなものに到達した

 

実際にはこの後「暗黒の木曜日」によって、株価は大暴落します。
1929年の経済学者の主張と同じものが、1990年代にも聞かれる、というのは
興味深いな、と思います。
歴史は繰り返す、ということか。

 

(1928年頃)
彼らにとっての頼みの綱は、従者、運転手、牛飼い、女優、農家の主婦などが株式市場で莫大な富を手に入れたという多くの噂であって、論理的思考などかけらもなかった。

 

(1860年代 群衆の知性の低下について)
株価はまた上昇するに違いないと言って互いに元気づけ合った。

 

うん、耳が痛いw
現在ではネット社会で投資についての情報はいっぱい入ってきますが、
集団心理やウワサに流されやすい、という人間の本質は
時代を超えて共通のようです。


(2020/3/16追記)
読了しましたので、全体感想をアップしました。

wan3ko5tan.hatenablog.com