MENU

(雑記)花粉症とシダキュア(舌下免疫療法)のはなし

花粉、飛び始めたようですね。

 

私は花粉症はないのですが、夫は毎年花粉症に苦しんでおりまして、
2019年の夏(7月頃)にスギ花粉の舌下免疫療法を始めました。

ほぼ毎日せっせとシダキュアを飲み続け(なめ続け?)
服用から1年半経過して、2021年の花粉の様子をきいてみたところ

 

「これまでは『あ、花粉とんでる!!』だったのが、

今年は『あれ、花粉とんでる?の??』になった」

 

、、、効いたのかどうなのかいまいちわかりませんが、
舌下免疫療法を勧めたのは他ならぬ私なので、
効果がしっかり出るといいなあああと期待しているところです。

 

以下は、シダキュア治療について調べた私の備忘録になります。
夫に勧めるにあたり、いろいろ調べたのを、今回まとめなおしました。
鵜呑みにせず、ご自身の体調のことについては
まずかかりつけ医にご相談ください。

 

※以下、青字部分は鳥居薬品の患者向け資料、
添付文書、インタビューフォームからの引用となります。

 

 

舌下免疫療法って副作用はどうなの?

 

メーカー(鳥居薬品さん)の患者患者向けスライドによると

 

主な副作用
●口の中の浮腫、かゆみ、不快感
●喉の刺激感、不快感
●耳のかゆみ など

https://kamiaoki-moriclinic.jp/module/img/pdf/file3.pdf

 

と、あります。これ、いったいどれくらいの人に発生するのでしょう。


インタビューフォームによると、

 

シダキュア5000JAU(通常の治療時の投与量です)を飲んだ264症例で
14.8%の方に口腔浮腫、11.7%の方に咽喉刺激感、、、等と記載されています。
そこそこ発生しやすそうな印象を受けますね。

 

夫も、飲み始め1~2か月間は、服用のたびに喉がかゆくなって、
辛そうでした。

ネットで対処法を探したようで「服用後5分後にうがいする」を
習慣にしていました。

 

なおシダキュアの服用後5分間はうがいや飲食をしないようにする
必要があります。

おそらく、シダキュアの効果が減弱してしまうためと思われます。

 

もちろん、あまりにひどい副作用が出る場合は、
シダキュアを処方された医師に相談すべきかなと思います。

 

夫の場合、服用を続けることでかゆみは徐々におさまり
うがいも不要になり、現在は特に副作用なく飲み続けています。
よかったよかった。

 

・シダキュアの効果ってどれくらい?

 

シダキュアの効果をはかるためには
「花粉症の度合い」を数値化する必要があります。
数値化しないと、シダキュアを飲んだ人と飲まなかった人との差を
比較できないためです。

 

シダキュアの臨床試験では「鼻症状スコア」と「鼻薬物スコア」の合計
メインの評価項目(※主要評価項目)として、比較対象となりました。
(他にも目の症状などもサブ的に解析・評価されていますが、ここでは割愛)

 

インタビューフォームから抜粋

 

f:id:wan3ko5tan:20210219233621p:plain

全て合計すると18点満点になります。

患者さんの鼻症状についてアンケートとったり、
症状をがまんできず抗アレルギー薬を使用したかについて、
調べ、数値化したのですね。

 

2015年の3/15~3/31(スギ花粉のピーク時)に
このスコアの合計を比較すると

 

シダキュアを飲んでいない人で平均7点※くらい
シダキュアを飲んだ人で平均4.7点※くらい
(※最小二乗平均値)

 

、、、なんとなーく3割くらいスコアが減った感じでしょうか。
(なーんか18点満点のわりに全体的にスコア低くない?と、
個人的な印象。軽症の方の治験参加が多かったのでしょうか?)

 

(標準偏差とかいろいろ考慮するとややこしくなるので
というか、うまく説明できないので、〇点くらい、という表記にさせていただきました。(小声))

 

これだけみると、すごく効く!という印象はないですね。(えー)

 

ただし、この臨床試験試験開始が2014年8月なんです。
なので、2015年の3月ですと、飲み始めてから1年たっていないのです。
長期間飲むことで、より効果が得られるので、
「根気強く」飲むことが大切ですね。

 

先述の患者向け資料にはこう記載されています。

〇治療期間は3~5年が推奨されます。
正しく治療が行われると、初めてのスギ花粉飛散シーズンから
症状を和らげることが期待されます。
年単位で継続することで根本的な体質改善が期待できると考えられています。

 

夫は服用して1年半なので、まだまだこれからですね!

(2021/2/23 赤字部分追記)

今日は関東地方は天気も良く風もビュンビュン吹いて、
絶好の花粉日和だったようです。
夫は外に出た瞬間「むずむずする~」と言っていました。


症状が軽くなった自覚はあるようですが、まだまだ服用は続けないと
ならないですね。
そもそも花粉のピークこれからっていう、、、

 

なおこのシダキュア、製造販売承認取得が2017年、販売開始が2018年で、
今年で販売から3年が経過します。
長期服用した際の有効性データがそろそろ出そろってくるのでしょうか。
現時点では「3~5年」というアバウトな推奨期間ですが、
これもやがて変わってくるかもしれないですね。

 

なお、こちらのブログで3年間の長期有効性をみた論文が紹介されていました。

pediatric-allergy.com

 ・シダキュアの治療を始めたい場合

まず、花粉飛散時期は治療開始できないので、6月まで待って、
耳鼻科にGO!!です。


かかりつけの耳鼻科がある方は、今年の花粉症の薬をもらうときに
スギ花粉の舌下免疫療法ができるか、相談するとよいと思います。


(アレルギーの舌下免疫療法について、処方できるのは
舌下免疫療法についての研修やeラーニングを受けた医師に限られるため、
舌下免疫療法について取り扱っているかどうか、
事前に確認しておいた方が良いかなと思います。)


なお、「スギ花粉」への適応ですので、
通常はアレルゲンの検査を行ってからの
治療開始になると思います。

・シダキュアを飲み忘れないために

 

夫はこういうのを使い始めてから、飲み忘れが激減したようです。
(100均でも売ってます!笑)